注文住宅で家を建てる土地を購入!土地が自分の物になるまでの流れ!

~土地~
この記事は約7分で読めます。

注文住宅で家づくりする際に、ほとんどの方が土地をみつけて購入するところからスタートするかと思います!

土地購入までの簡単な流れはこんな感じ♪

STEP1物件探し(土地のこと)
STEP2買付証明書を提出
STEP3
ここの部分
土地の売買契約
STEP4
ここの部分
土地を決済(所有権も自分のものとなります)

前回はSTEP2の買付までを解説しました♪

土地の候補が決まったら出す【買付証明書】について詳しく解説♪


土地探しは本当に大変で、家づくりの最初の難関ですので、まだ読んでいない方や購入予定の方は是非こちらの記事も読んでみてください!

土地探しから始まる注文住宅!探す方法と基礎知識!我が家を例に♪


今回は

  • 土地決済までの流れ
  • 自分達で準備するものや決済までにやるべきこと

が分かります♪

家づくりの最初の難関、土地購入に関してはこの記事で書いてあることで一通りの流れは終わります。

RYUSEI
RYUSEI

少しでも役に立てば幸いです♪

スポンサーリンク

買付から売買契約まで

買付をした後は、いよいよ土地の契約と決済です♪

当たり前ですが、土地の名義を自分の名義にしないと、建物の建築はスタートできません( ;∀;)

基本的に住宅会社の方から案内はあると思いますが、この時点で事前審査をしておく必要があるので、一応覚えておいてください(^_-)-☆

買付をして土地の売買契約までに同時にやる事は主にこんな感じです♪ (多少の前後はあるかもです)

  • 家づくりの計画
  • 融資先の事前審査
  • 用意しておくもの
  • その土地の最終確認 (後悔しないようにしっかり確認!)

家づくりの計画

基本的に同時に進めていくかたちになるかと思います♪

家の仕様や構造、間取り決めなどです(^^)/

その土地に対してのある程度の案や概算の見積もりが出せる状態だと、より具体的なイメージがわくと思いますので、この時点でざっくりでいいので進んでいると、土地購入も安心して進められます(^_-)-☆

融資先の事前審査

買付をするころには実際に融資してもらう金融機関の”事前審査”は終わっているか審査中が理想かと思います。

買付以前などに行う審査が通るかをチェックする”事前審査”ではなく、実際に借りる金融機関の事前審査です!

金融機関によって時間がかかったりする場合もあるので、早めに確定させておいたほうがいいところ( ;∀;)

”審査に落ちてしまう”なんてことも無いとは言い切れないので余裕をもって計画しましょう♪

用意しておくもの

自分達で用意するものは主に

  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • 通帳
  • 手付金 (相場は土地代の10%ほどだが、売主とのやり取り次第)
  • 仲介手数料 (我が家は住宅ローンの一部から補填される感じになっています)
  • 印紙代 (一概に言えませんが、我が家は1万円未満でした)

その土地の最終確認

買付を出した後に、契約を結ぶまでの間にその土地に関して、しっかり確認するべきところも済ませておきましょう♪

【土地探し】で候補が決まったら自分達でチェックすべき事【簡単】♪

RYUSEI
RYUSEI

ずっと住んでいくので”後悔”がないように可能な限りチェックしていきましょう♪


土地の買付で設けた期間内でこういった部分の準備や確認をおこなっていきます。

そして、”重要事項説明”を受けた後に売買契約となります♪

”重要事項説明”では特に、お金に関する事はしっかり理解できるまで確認しましょう!

例えば、もしローンが通らなかった場合は無条件で解除できる”ローン特約”など。そうなったときの手付金返還はどうなるのかなども確認しておくべきです( ;∀;)

RYUSEI
RYUSEI

皆さんがいい土地と出会える事を願っています♪

売買契約から土地決済まで

土地の売買契約をしたら、次はいよいよ決済や家を建てる具体的な計画を進めていく事になります♪

その土地に理想を詰め込んだマイホームを建てていくんです(^_-)-☆

RYUSEI
RYUSEI

大変ですが、夢があってワクワクがとまらないですよ!(笑)

売買契約が終わってからの流れや、やることは大体こんな感じです♪ (多少の前後はあるかもです)

  • 具体的な家づくり
  • 建築請負契約
  • 住宅ローン本申し込み (つなぎ融資申し込みも同時)
  • 金銭消費賃借契約
  • 地盤調査
  • 融資実行 (土地決済)

具体的な家づくり計画

土地も契約したわけで、家づくりの計画をより具体的に進めていきます♪

間取りに関しても、契約した土地に合わせた間取りを考えていきますし、見積りも最初よりは具体的になってきます♪

RYUSEI
RYUSEI

ここに関しては、当たり前ですが、最初から最後までやっていくことですね(^_-)-☆

建築請負契約

正直、一緒に土地を探してくれていた住宅会社さんでこの契約をしないといけないわけではありません。

ですが、一緒に探した土地に対して、担当の方が一生懸命に間取りの提案などしてくれるはずです(^^)/

その提案や金額などを加味して、本当にそこの住宅会社さんでいいなと思えるなら、この契約を結ぶことになります♪

自分達の家を建てる住宅会社に対してする契約がこの”建築請負契約”です。

住宅ローン本申し込み

”事前審査”に受かっていれば、よっぽどのことが無い限り本審査は受かるかと思います。

RYUSEI
RYUSEI

それでも我が家はどきどきでした(笑)

そして本審査に受かれば”金銭消費賃借契約”を結ぶことになります♪

注文住宅の場合は、”つなぎ融資”も必要になりますので、同時にこの”つなぎ融資”も、申し込みすることになるので覚えておきましょう( ;∀;)

地盤調査

土地の契約後にすることで、一番心配な部分がこの”地盤調査”です(‘_’)

家を建てる土地の地盤が問題ないかを調査します。

もし家を建てる強度がない土地だったりした場合は、地盤改良が必要になります。

もし地盤改良が必要となると、がっつり費用がかかる可能性があるので、不安要素のひとつです・・・

地盤に関しては、住宅会社の担当が事前にいろいろ確認してくれるはずです。

住宅会社の方は、家を建てるプロですので、そういった部分は自分達だけではなく、プロにお任せしましょう♪

費用を負担するのは自分達なので、こういった部分は積極的に確認していきましょう!

融資実行 (土地決済)

ここまでの流れを経て、土地の決済が行われます。

土地決済は、正確には住宅ローンで決済されるのではなく、つなぎ融資で決済します( ;∀;)

RYUSEI
RYUSEI

注文住宅は契約が特殊で少し難しいですね。

【つなぎ融資】を理解していない方は是非こちらの記事を読んで理解しましょう♪

注文住宅は住宅ローンと【つなぎ融資】が必要!?分かりやすく解説♪

決済と登記が行われて、土地の名義が自分になります♪

登記で費用が少しかかります。

印紙代や、登記を行う際の司法書士への依頼料など( ;∀;)

RYUSEI
RYUSEI

この費用は【つなぎ融資】に含めて返済ということも可能です!

登記が終わったら、計画をできるだけ早く進めて”つなぎ融資”でかかる金利を少しでも抑える努力をする必要がありますので、覚えておきましょう!

スポンサーリンク

まとめ

土地の決済がおわって土地の登記が済んだら、着工までわずかです♪

ざっくりと流れなどを紹介していきましたが、いかがでしたか?

注文住宅は家が完成して、引き渡しまでにいろいろ難しいことがあるので、少しでも参考になれば幸いです♪


ここまで進んだら次の流れは『地鎮祭』です!

注文住宅で家を計画するまで、我が家は”地鎮祭”というものを知りませんでした( ;∀;)

地鎮祭に関する記事もありますので是非♪

RYUSEI
RYUSEI

最後まで読んで下さってありがとうございます♪

コメント