【注文住宅】契約前の打ち合せ!流れや内容と大事なポイント!

~契約前【打ち合わせ】~
この記事は約8分で読めます。

【注文住宅】契約前の打ち合せ!流れや内容と大事なポイント!

注文住宅で我が家を建てる。

自分達の理想やこだわり、いろんな想いをのせてそれを具現化した夢のマイホーム♪

そんな【注文住宅】は、1から計画していくものなので、建ててくれるハウスメーカーさんや工務店さんと綿密な計画をたてる必要があります。

そんな計画を立てていくうえで【打ち合わせ】は何回もやっていきます。

一回あたりの打ち合わせで時間も労力もかなり必要です。

そんな打ち合わせが契約前~契約後の着工まで続いていきます( ;∀;)

RYUSEI
RYUSEI

正直か~なり大変です( ;∀;)

我が家はそんな大変な【打ち合わせ】もようやく最終段階♪

そんな【打ち合せ】ついての第一弾♪

今回は契約前【打ち合わせ】について書いていきます♪

・契約前の打ち合わせはどんな感じなのか

・我が家の打ち合わせ

・打ち合わせで大事なこと

スポンサーリンク

契約前の打ち合わせの流れと内容

【注文住宅】は、建ててもらうハウスメーカーさんとの契約が二回あります。

  1. おたくの工務店さんで家を建てますよって意味の契約〔建築請負契約〕
  2. 【打ち合せ】で決めた内容を決定し、着工前にその内容で間違いない、実際に作っていくことに対して同意しますという意味の契約

おおまかに分けると、このふたつです。

RYUSEI
RYUSEI

他にも、銀行や土地購入の契約も別であります( ;∀;)

建築請負契約をしてからの打ち合わせ内容は次の記事で書いていきますね( ;∀;)

今回はこの部分♪

契約前までの打ち合わせの流れと内容
  1. 工務店さんのモデルハウスなどを見学
  2. 予算などの計画
  3. 家のタイプを考えていく
  4. 土地探し
  5. 間取りを考えていく

見学会やモデルハウスの見学

まずがっつり【打ち合わせ】に入る前に見学会やモデルハウスを見学して、

・その工務店さんがどんな感じの家を建てるのか

・どんな構造や工法で作っていくのか

・強みは何なのか

を知る必要があります。


実際にその工務店さんで依頼した方の家なども見学会として紹介しているときがあります。

個人的にはモデルハウスもいいですが、タイミングよく見学会が開催しているならおすすめです♪

工務店さんがどこまで要望に応えれるのか見る事が出来るし、施主さんのこだわりなども詰まっているかと思いますので、施主としてこんなこだわり方があるのかというのもかなり参考にできると思います♪

一石二鳥です(^o^)丿

予算などの計画

そこの工務店さんやハウスメーカーさんの事を知れたら、次は自分達の予算でどのくらいのものを建ててれるのかを確認していきます。

ある程度の相場感なども担当の方が教えてくれると思うので、参考にしながら検討するといいです♪

ざっくり予算を伝えたら、月々どのくらいの支払いなのか等も教えてくれると思います(^^)/

この時に、自分達の予算を住宅ローンとして通るのか、仮審査の申し込みをしておきましょう♪後がスムーズに進みます♪


ちなみにこの時、一社しか見てないとしても、他社と比較検討してますと伝えましょう。

今後の計画での値引きや交渉で役に立つと思います。

RYUSEI
RYUSEI

詳しくはこの記事に書いてます♪

ハウスメーカーさんや工務店さん選びは大事です。

参考までに♪

家のタイプや構造を考えていく

予算も決まってくると、次はどんな家にするのか大枠で決めていきます。

そこのハウスメーカーさんや工務店さんがモデルハウスにしているおそらく最初に見にいくであろう建売にするのか

【注文住宅】にするなら、二階建ての家にするか平屋にするのか、広さや大きさはどのくらいにするのかなどを考えていきます。

そのハウスメーカーさんの決まったパターンのセミオーダー的なプランもあったりするので、そういったものも見てみるのもいいかと思います♪

自分達にあったものを、その中からまずはざっくり探していきましょう(^o^)丿

土地探し

自分達の理想の広さや大きさがある程度決まったら、次はその家を建てれる大きさの土地を探していきます。

先に土地を探して、その土地に合わせて家の広さや大きさを考えるのもありです。

というか人によって分かれるところですね( ;∀;)

ですが土地は、その土地に対して建てれる最大の大きさが決まっていますので自分達の理想の大きや広さを決めてからそこに合わせて土地を探したほうが、効率はいい気がします。

土地探しは大変で、ようやく理想の立地の土地が見つかっても、建物に対してその土地が小さければ探しなおすか大きさや広さを考え直す必要がでてくる可能性がでてくるからです( ;∀;)

RYUSEI
RYUSEI

土地探しも参考までに♪

間取りを考えていく

土地が決まると、いよいよ間取りを考えていきます。

間取りを考えるのって、本当にパズルみたいでとても苦戦しました( ;∀;)

我が家はとにかく修正しまくりで、担当の方も大変だったことでしょう(笑)

でも夢のマイホームに一番理想やこだわりを詰め込めるところだと思いますし、頑張りどころですね(^_-)-☆

この間取りまである程度決まると、最初よりも具体的になった見積りが出してもらえたりします。


ここまでが契約前の【打ち合わせ】の流れと内容です( ;∀;)

我が家の打ち合わせ

契約前の打ち合わせで我が家的に大変だったのは、やはり間取りを決めるところだったので、我が家の間取りを考えていく過程をちょっとだけご紹介♪

一番最初はとりあえず・・・(笑)

最初はどんな感じにすればいいかというもとがないので、こんな感じにしたいですってのをざっくり書いて担当の方に伝えていきました( ;∀;)

RYUSEI
RYUSEI

もっとざっくりとした全体像でも担当の方がその要望にそって考えてくれるはずです♪

ちょっと成長♪

修正しまくりで描きまくった結果、手書きが少し成長しました(笑)

担当の方にも伝わりやすくなりました♪

担当の方が要望にそって考えてくれた間取りを・・・

手書きなどで要望を伝えて、担当の方がそれにそって間取りを考えてくれました♪

それをもとに・・・

さらに追加の要望を出しまくり♪(笑)

RYUSEI
RYUSEI

この時点でとにかく理想や要望をたくさん伝えましょう♪

さらに家族で会議♪

要望を担当に伝えて考えてくださった間取りを持ち帰って、さらにさらに家族であーでもないこーでもないと会議して修正。とにかくこの繰り返しでした( ;∀;)

自分達の理想やこだわりたいところを担当の方に伝えるというのはかなり重要です♪

遠慮してはいけません( ;∀;)

RYUSEI
RYUSEI

いやーここだけでかなりの時間と労力を使いました( ;∀;)

担当の方も大変だったと思います(笑)

感謝です♪

スポンサーリンク

打ち合わせで大事なこと

実際に打ち合せをする中で感じた大事な事です。

・打ち合せの時メモを取る

・遠慮しない

・自分達の理想やこだわりたいところはしっかり伝える

・メモを取る

Twitterでかなり同感したつぶやきを引用

【注文住宅】では選択していくことや、覚える事がたくさんあります。

我が家は【打ち合わせ】したけどこの内容忘れてた!なんてこともしばしば( ;∀;)

そして、我が家はメモを取るという発想はなく、打ち合せで担当の方との金額の相違などもしばしばありました((+_+))

そうならない為にもしっかりメモをとりましょう♪

RYUSEI
RYUSEI

この発想があれば・・・

・遠慮しない

自分達の家をより良いものにするためにどんどん自分達の意見や考えを伝えていきましょう♪

遠慮しがちな人って意外と多いかもですが、何千万円も出して買う一生の買い物です。

打ち合せや担当の方とのやり取りで遠慮したらダメです!

腹を割って担当の方と話すうちに、担当の方との信頼関係もでてくるでしょう♪

自分達、素人だけでは家は建てれませんし、プランを立てるのも容易ではないです。

担当の方もパートナーですので、積極的に本音というかコミュニケーションをとるのもいいかもしれませんね(^o^)丿

さすがに夜中に連絡するなど、人としての常識は逸脱しないように気をつけてくださいね( ;∀;)

・自分達の理想やこだわりたいところはしっかり伝える

しっかり担当の方に自分達の理想やこだわりたい部分を伝えていかないと、全然違う方向にいってしまう可能性があります。

正直我が家は、最初何も分からず担当の方の言われるがままで話が進もうとしていました。

結果、理想やこだわりが全然間取りなどに反映されていなかったので途中から大きく修正し直したこともあります((+_+))

僕ら夫婦の会話を聞いて、担当の方が提案してくれたりもしましたが、それでも反映しきれない部分はたくさんあります。

そうならない為にも自分達の考えをしっかり伝える事はとても重要です(^o^)丿

RYUSEI
RYUSEI

最後までありがとうございます♪

【打合せ】の続きは次の記事で♪

コメント