入居前にやる事【20選】実際に使ったおすすめグッズなどご紹介♪

引き渡し

新築の家が完成していよいよ引っ越しのタイミング

一番楽しみで心が躍る瞬間です♪

そんな新築生活目前は、せっかくの新築の家を綺麗に保つために皆さん張り切っている事かと思います。

そのために家具家電など何もない入居前に事前にやっておいた方がいいことがあります。

今回はそんな”入居前のやる事”に関して、我が家が実際にやったこと【20選】をご紹介していきます。

これから新築のマイホームなどに引っ越しする方はもちろんですが、中古住宅や建売に引っ越す方も参考になるかと思います。

  • これから家を購入する方
  • これから引っ越しをする予定の方

RYUSEI
RYUSEI

実際に使用してみた感想や効果などもしっかり書いていきますので、是非最後までご覧ください!

スポンサーリンク

入居する前にやっておくべきこと

新築生活が始まってからでもできることは後述します。

まずは、引っ越す前にすることとしてはこんな感じです。

  • 拭き掃除
  • バルサン
  • 洗濯機の土台の準備
  • 冷蔵庫のマットの準備
  • マスキングテープ貼り
  • 写真や動画撮影

順番に説明していきます。

1,拭き掃除

基本的に引き渡し前に掃除をしてくれているかと思います。

ですが、自分達でも掃除をすることをおすすめします。

というのも拭き掃除をすると、意外と汚れていたりするので、自分達でも最初に一度壁や床など掃除しておきましょう。

RYUSEI
RYUSEI

入居前だと家電や家具がないので比較的楽に掃除することができますよ♪

2,バルサンをたく

中古住宅であれば、以前から人が暮らしていたことになりますし、新築は着工が始まってから数か月の期間が必要となり、その間は虫たちの出入りし放題です。

虫が苦手な方や田んぼ、畑が近くにあるなどの方は入居する前にバルサンなどを炊いて根絶しておくと安心です。

RYUSEI
RYUSEI

虫が苦手な代表レベルの我が家(笑)

我が家は田んぼも畑も近くにあるので、勿論バルサンをしました(笑)

3,洗濯機の土台の準備

大型家電である洗濯機、とくにドラム式洗濯機の場合は簡単に動かすことができないので、入居前に土台を用意しておきましょう。

我が家の洗濯機と下の土台

ドラム式洗濯機を採用する方はとくにキャスター付きの土台がおすすめです。

引っ越し業者に依頼する方は業者が運ぶ前の日に余裕をもって準備しておくことをおすすめします。

RYUSEI
RYUSEI

引っ越しの日は家具や家電を新調する方はバタバタ確定ですよ( ;∀;)

事前準備大事です!!

ちなみに我が家はドラム式洗濯機を採用しているので、こちらの商品を採用しました。

水平器が付いていて、耐久性も問題なさそうでいい感じです。

洗濯機土台のアップ写真

洗濯機の下の掃除が楽になりましたし、移動させることもできるので準備してよかったと思っています。

しいて言うなら、キャスターついてるけど動かすのは結構大変です、、、

RYUSEI
RYUSEI

それでも何も敷いてないよりは間違いなく良いですが( ;∀;)

4,冷蔵庫のマットの準備

新築であれば床もピカピカの新品なので、冷蔵庫の下にマットを敷いておくと安心です。

冷蔵庫下のマット アップ写真
RYUSEI
RYUSEI

せっかく新しい家の床なので、傷や凹みは付けたくないですよね( ;∀;)

洗濯機同様で、引っ越し当日ではなく、事前に準備しておくと敷き忘れなどの防止ができます。

ピッタリサイズで見た目もスッキリです。

というかサイズがあっていれば、マットの存在もわかりません。

我が家の冷蔵庫下のマットひきの写真

我が家が採用したのはこちらです。

RYUSEI
RYUSEI

マットの強度も商品説明どおり頑丈そうで安心感がありますよ♪

5,廻り縁のマスキングテープ貼り

家の廻り縁という下の画像の部分は地味にホコリが溜まりやすい場所です。

廻り縁のマスキングテープ試し貼り

マスキングテープは100均でも売っているので入居前に貼っておくと住み始めてから確実に掃除のとき楽になるかと思いますので是非入居前に貼っておきましょう。

RYUSEI
RYUSEI

色を合わせれば全然目立ちません!

我が家のマスキングテープは白色

家具や家電が入ってしまうと、すべての部分にマスキングを貼ることができなくなるので、入居前の何もない状態で貼るのが一番効率がいいかと思います。

RYUSEI
RYUSEI

マスキングテープは必需品です!

6,写真や動画撮影

せっかくなので我が家は記念撮影しておきました。

我が家の記念撮影写真

”入居前にやること”で、写真や動画で記念撮影をしておくのもおすすめです。

何に使うかは決まっていませんが、家具や家電など何もない状態は入居前だけです。

記念撮影はされる方がほとんどかと思いますが、撮影したかったけど忘れてしまっていたという方もいるかもしれませんので念のためご紹介です。

注文住宅で建てた我が家の平屋!引き渡し直後【WEB内覧会】♪

RYUSEI
RYUSEI

準備中ですが、このときの動画もYouTubeで【ルームツアー】としてアップしていく予定なのでご興味がある方は是非ご覧ください♪

入居してからでもできること

入居前にやることで、入居してからでも出来ることはこんな感じです。

  • 水回りのコーティング
  • IHコンロ周りのマスキング
  • フィルター貼り
  • 防カビ剤
  • 網戸の虫よけ対策
  • 室外機ホースの防虫キャップ
  • ソファーコーティング
  • 鏡コーティング
  • 便器下のパッキン
  • 水回りの隙間パテ埋め
  • 棚系の汚れ防止シート
  • 家のシールはがし
  • 排水溝のゴミガード
  • テーブル・椅子の足にカバー

順番にご紹介していきます。

RYUSEI
RYUSEI

我が家の実際に使用した光景や感想も紹介していますので、気になるところだけでも覗いていってください♪

7,水回りのコーティング

水回りのコーティングをしているのとしていないのでは、汚れ具合が全然違います。

一番汚れやすくカビも繁殖しやすい場所ですので、コーティングすることをおすすめします。

RYUSEI
RYUSEI

水アカなどもコーティングすることで、つきにくくなりますよ♪

我が家はこちらを購入して使用しました。

水回りのコーティング剤
使用した感想

紹介されることも多くて手軽に出来ていいのですが、効果期間が5日ほどと短いのでもっと長い効果があるものを模索中です。

いい商品がみつかったら追記いたします。

RYUSEI
RYUSEI

逆に良い商品があったら気軽にコメント下さい( *´艸`)

一応Amazonの方が安かったので紹介リンクを貼っておきますが、近くのホームセンターなどにも売っています♪

8,フィルター貼り

一戸建てになっていろんなところにフィルターがあります。

  • エアコン
  • キッチン換気扇
  • 浴室換気扇
  • 除湿器
  • 24時間換気システム
RYUSEI
RYUSEI

アパート暮らしと比べると圧倒的に多い、、、(笑)

そんなフィルターの掃除を軽減するべくフィルターに別のカバーをつけていくと掃除が楽になります。

我が家が購入したフィルターとその他グッズ

フィルターを張りかえるだけなので楽ですよ。

RYUSEI
RYUSEI

画像がまとめて撮ったものしかありませんでした、、、(笑)

9,防カビ剤

浴室のカビ対策といったら防カビくんじゃないでしょうか。

浴室のカビ汚れなどは本当に防ぎたい我が家にとっては、長い付き合いになること間違いないグッズです。

効果は2カ月間持続するので、おすすめですよ。


おふろの防カビくん煙剤

10,網戸の虫よけ対策

対策をしておかないとあっという間に網戸は虫の死骸だらけになってしまいます。

我が家は田んぼが近くにあるので、ユスリカなどが近くで大量に飛んでいます、、、

秋前になるとカメムシなども寄ってくるので、網戸の虫よけ対策って意外と大事だと思っています。

我が家が使用しているのはこちらです。

我が家が購入した虫コナーズ
使用した感想

霧状ではなくストレート噴射で正直使いづらく、網戸すべてに使用するのは正直大変でした、、、

11,室外機ホースの防虫キャップ

エアコンの排水ホースから害虫が入ってこないように対策のキャップが売っています。

専門家的には、このホースから入ってくることは稀みたいですが、念には念を入れて塞いでおきましょう。

我が家が取り付けた排水ホースキャップ

ちなみに気密性の高い家では、気圧の兼ね合いで空気が逆流して排水ホース (ドレンホース)からうまく排水されずにエアコンの水漏れの原因になったりするみたいなので逆止弁付きのキャップをするといいみたいです。

我が家はこちらを使用しています。

我が家が購入したエアコン排水ホースキャップ

12,ソファーコーティング

家を購入する場合は、大きくて立派なソファーを購入する方も多いはずです。

長く使用するもので、使用頻度が圧倒的に高いものなので、コーティングをして汚れが付着しにくいように対策をしておきましょう。

飲み物をこぼしてしまったときも大惨事を免れることができるかもしれません、、、

コーティング剤もソファーの素材に合わせていろんな種類がでているので、自分達が購入するソファーの素材に合わせて購入するといいかと思います。

ちなみに我が家のソファーはこちらで素材がスムーステックというものです。

我が家のソファー ( 正確には入居したての写真です、、、)

コーティング剤の匂いやベタつきがこわくて選択するのに苦戦しましたが、調べてこちらのコーティング剤をニトリで購入しました。

ユニタスさんのテキスタイルプロテクターWです。

我が家が採用したソファー用コーティング剤

油汚れや皮脂汚れ、飲み物などをこぼした際にカバーしてくれるもので、使用して6カ月間は効果があるみたいです。

使用した感想

心配していた匂いやベタつき感もなく、湿る程度吹きかけて乾けばオッケーという簡単なものなので、気にいっています♪

13,鏡コーティング

洗面台の鏡などは水跳ねなどの汚れ、浴室に鏡がある方は水アカと曇りの対策をする必要があります。

使用する前にコーティングをしていた方がいいかと思いますので、住み始めのタイミングでコーティングをしておきましょう。

東プレ 浴室鏡、洗面所鏡用 くもらないリキッド
使用した感想

鏡が濡れていても使用できてヘッドにフェルトが付いているので簡単に使用できますが、効果が3日と短いので、他のものを模索中です、、、正直あまりおすすめはできません

14, IHコンロ周りのマスキングテープ貼り

特にコンロ周りは必須です。

我が家は住み始めて2カ月経ちますが、この部分の汚れはテープを張りかえるだけで完了します。

2か月貼ってこんなに汚れています。

コンロ周りのマスキングテープ

はがすとこんな感じです。

2カ月後マスキングテープをはがした光景
RYUSEI
RYUSEI

この隙間に油汚れがつくとなると掃除大変なの間違いないですね、、、

15,便器下のパッキン

便器と床の間にわずかに隙間があります。

我が家の便器下 ( TOTO ネオレストRH )

こぼれやホコリなどの汚れがたまりやすい部分になるので、事前にパッキンをしておくと掃除のときに楽かと思います。

隙間にパッキンをいれるとこんな感じ
RYUSEI
RYUSEI

トイレ用が売っておらず、IHコンロ用を代用していますがピッタリでした(笑)

16,水回り下の隙間パテ埋め

水回りの下はパイプなどを通すために穴が空いていて、わずかに隙間がある可能性が高いです。

我が家のキッチン下の光景

隙間があると気密性が落ちたり害虫の侵入経路になってしまう可能性があるので、ホームセンターなどで売っているパテで隙間を埋めると安心です。

エアコン用のパテ
RYUSEI
RYUSEI

粘土みたいな感じで簡単に好きな形や大きさに出来ます♪

我が家のパテ埋めした後はこんな感じです。

パテで隙間をふさいだ後のキッチン下

17,棚系の汚れ防止シート

  • 靴箱
  • 食器棚
  • 洗面台
  • パントリー
  • ウォークインクローゼット

など棚といってもたくさんあるかと思いますが、下に汚れや傷防止のシートを敷くと長くきれいな状態を保てるので、おすすめです。

我が家のシューズクローゼット
RYUSEI
RYUSEI

切って棚に合わせて使用しています♪

キッチン棚のカバー

我が家は滑り止めつきのニトリのシートを採用しています。

天然防虫成分を配合していて防菌、防虫加工がされています。

ニトリの汚れを防止するシート

18,家のシールはがし

新築で引き渡し時は、窓やドア、浴室などに説明書きシールが貼ってあります。

我が家の浴室に貼られているシール

長く張ったままだと粘着がとりにくくなる可能性が高くなるので、不必要ならはがしておいた方がいいかもしれません。

説明書に取り扱い方法など書いてあるかと思いますが、心配ならこのように保存しておいてもいいかもしれません。

我が家の住設取り扱い説明書ファイル
RYUSEI
RYUSEI

ちなみに我が家は住宅設備の取り扱い説明書が挟んであるファイルにこのように貼ってあります♪

シールあとが残った場合は、濡らした激落ちくんで軽くこするとキレイに落ちます♪

19,排水口のゴミガード

水回りの排水口は、髪の毛などで汚れやすい箇所です。

定期的に掃除をしないと、すぐカビなどが繁殖して不衛生になってしまう場所です。

さらにそのままにしておくと、皆さんが苦手なGなどの害虫が汚れた場所に寄ってくる可能性が高くなります。

とはいってもこまめに掃除するのは大変なので、少しでも楽にできて時間短縮できる方法として排水口にゴミガードをつけておくのはおすすめです。

RYUSEI
RYUSEI

たまにがっつり掃除する必要はありますが、普段は取り換えるだけで楽チンです♪

我が家から一言

いろいろ試しましたが排水口のゴミガードは取り換え頻度が高いので、百均に売っているもので充分だと感じています!お財布にも優しいですよ♪

20,テーブル・椅子の足にカバー

新築であれば、少しでも床を傷つけたくないかと思いますので、ソファーや椅子の脚にカバーをつけるといいかもしれません。

我が家は傷に強い床材を使用していますので、そこまで気にはしていませんが、無垢材などはカバー必須かと思います。

我が家が採用した床材【DAIKEN|WPC床材|日本の樹】について

ちょっとした手間で長くキレイな床を保てるなら、しておいて損はないかと思います。

RYUSEI
RYUSEI

我が家はソファーと椅子共に購入したときに脚の底につけるカバーがついてきたので、そのまま使用しています♪

スポンサーリンク

終わりに

今回は我が家がリサーチして採用した入居前のやることリストから【20選】ご紹介させていただきました。

最初にまとめてするのは少し大変かもしれませんが、こういった少しの手間をすることで、長くキレイに保てるならやる価値はあるかと思います。

引っ越しをすることは誰もがあるかと思いますので、少しでも参考になれば幸いです。

RYUSEI
RYUSEI

最後まで読んでくださってありがとうございます♪

コメント